鳥取大学工学部附属地域安全工学センター

  • A
  • A

2018年7月豪雨で被害を受けた智頭町でのボランティア活動に参加しました。(7/17 更新)

  • 2018年7月11日:ボランティア作業を手伝うため,学生7名,教員1名が智頭災害ボランティアセンターに向かいました。
  • 2018年7月12日:引き続き,ボランティア作業を手伝うため,学生10名,教員2名が智頭災害ボランティアセンターに向かいました。
  • 2018年7月13日:引き続き、ボランティア作業のため,学生7名,教員1名が智頭災害ボランティアセンターに向かいました。
  • 鳥取大学チームは,智頭町において,浸水した家屋の汚泥処理や家具等の運び出し,土嚢づくり,土嚢の運搬などを手伝っています。

 

<出発の様子>

<説明を受ける様子>

<現場に向かう様子>

<作業の様子>